読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大曲智子広報室

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡は→detroit_8000@hotmail.com

忘れ物、探し物

取材のために昼ごろマンションを出たら、1時間先に家を出て車で外出していた旦那から電話が。「財布忘れた」とのことで、ドジだねー、なんて言いながら部屋に戻り、旦那の財布をバッグに入れて、再び家を出た。10分歩いて駅に着き、自分の財布を出そうとしたら……なかった。今度は自分の財布を忘れていたのでした。財布を忘れたときって相当ダメージ負いますね。

先週は、ネックレスを外出先で紛失。焦ったわけというのが、そのネックレスは弟が母の誕生日かなにかにプレゼントしたティファニーのもので、母が「あなたがつけていたほうが似合うから貸してあげる」とかなんとか言われて預けられたという、要するに自分のものではなかったから。シルバーなのでお安いものですが、倫理的というか心理的にマズイ。

取材後、自分が降りた駅をすべて回って聞いたものの、ネックレスの届け出はなく。取材先までの道ももう一度たどったけれど、見つかるわけがない。結局その日は見つからなかったのですが、昨日になってもう一度、東京メトロにたずねてみたところ、それらしきものの届け出があったと言うではないですか。しかしもう警察に回してしまったとのことで、昨日、飯田橋にある警視庁遺失物センターとやらに行ってきました。

飯田橋は過去にいやになるほど通った場所なので、あまり好きな土地ではないのだけれど、そんなことはどうでもよくって、遺失物センター。忘れ物が集まる場所があるってすごくないですか。面倒見よすぎ。

用紙に、いつどこでどんなものを落としたのか、なるべく細かく書いて提出。10分ほど待ったら、出てきたよ(母の)ネックレス! 「これです~」と思わず喜び、そして脱力。なんでも日比谷線の終点・中目黒駅で、車内に落ちていたのを駅員さんが見つけてくれたとのこと。この場でお礼申し上げます。中目黒駅の駅員さん、ありがとうございました!

警察と言えば……