大曲智子広報室

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡は→detroit_8000@hotmail.com

「2nd」発売中!

本当はこちらのほうがとっくに出ていました……
枻出版社「2nd(セカンド)」11月号、絶賛発売中です!


今月はアニメ映画『REDLINE』の原作・脚本を担当された、
世界の石井克人さんを取材させていただきました。

取材前はいつになく緊張してしまいましたが、
失礼ながら「理想のパパ」と呼びたくなるほどの、
朗らかでまっすぐな人柄の石井さんに、私も大コーフン。
取材時間ギリギリまでしゃべって、盛り上がってしまいました。

『REDLINE』は10月9日より全国ロードショーです。
CGアニメ全盛の昨今、あえて「すべて手描き」にこだわった、
正真正銘のジャパニーズ・アニメーション。
準備に3年、制作(あのマッドハウス!)に4年を要し、
世界中のファンを焦らしまくっていた作品です。

宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」といった松本零士アニメを始めとする、
80年代の手描きアニメの衝撃が忘れられなくて、と話していた石井さん。
監督の小池健さんも同じ思いだったそうです。

私はヤマトや999の再放送世代なのですが、
DVDを借りて観たらやはりハマったクチ。
アニメーターさんによって回ごとにキャラの顔が違ったりして、
それがますます手作り感とぬくもりを出していたんですよね。
今のアニメってそういういびつさは皆無ですから。

作品中の“レッドライン”とは、5年に1度開かれる、宇宙最速を決めるカーレース。
私はF1好きでもありまして、抜きつ抜かれつの攻防が大好きなため、
こういうストーリーは大好物。
様々な星からレースに参加していたり、マシンがそれぞれ個性的なあたりは、
スターウォーズ』のポッドレースも彷彿とさせます。
ルール無用なんでもあり、のあの感じです!

メインキャストの声を木村拓哉さん、蒼井優さん、浅野忠信さんが担当していることも、
話題になりそう。
中でも蒼井優さんは超セクシー&キュートな演技を魅せてくれて、
こんな声が出せるのかと、かなり驚かされました!

というわけで、『REDLINE』、「2nd」ともども、よろしくお願いいたします。