大曲智子広報室

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡は→detroit_8000@hotmail.com

OPトーク付けました

3月下旬から5月中旬まで、SHINeeのツアーに行っていました。

www.excite.co.jp

 代々木第一体育館、新潟朱鷺メッセ、名古屋日本ガイシホール、京セラドーム大阪、そして東京ドーム2days。

私も周りもチケット全滅だったはずが前々日に優しいシャヲル(SHINeeファンをこう呼びます)さんのおかげで代々木公演に行くことができ、朱鷺メッセではなんと前から10列目という最高の神席に大興奮。名古屋で人生初めての宿泊付き遠征。大阪の友人とUSJに行って大阪を満喫した後、SHINee初の京セラドーム大阪。そして去年10万人を感動の渦に巻いた東京ドームに再び戻って来たSHINeeの成長ぶりを確認……。充実したSHINee World 2016でした。
またしばらく単独コンサートはお預けになると思うので、お仕事に専念したいと思います!

 

 

●『声優男子。』Vol.3(ぴあ)

声優男子。vol,3 (ぴあMOOK)

『声優男子。』も3号目。「ラジオ×声優の幸せな関係」という素敵なタイトルのラジオ大特集(22ページ!)を取材・執筆させていただきました。文化放送で月〜木深夜生放送中『ユニゾン!』の現場を1週間密着取材! 山形Pの熱いお話で幕を開け、関智一さん、柿原徹也さん、寺島拓篤さん、鈴村健一さん…パーソナリティ4名全員にインタビュー。打ち合わせから本番中の裏側、そして本番後まで細かくレポートしましたよ。

さらに『ユニゾン!』総合プロデューサー&構成作家であり、『神谷浩史小野大輔DearGirl〜Stories〜』など人気番組を多数手がける諏訪勝さんに、構成作家の仕事や担当番組について、作家になったきっかけ、ラジオの面白さなどたっぷりお話を伺いました。

ラジオ特集の最後には、「声優男子。のトークを楽しめる5番組」をレコメンド! 実は私の独断セレクトだったりします。5つに絞れなくて頭抱えた……。

さらにさらに、ラジオから生まれ、声優さんのストレートプレイが堪能できた演劇『叫べども叫べども、この夜の涯て』もレポート。主演は、脚本と演出も手がけられた津田健次郎さんと、藤原祐規さん。高橋広樹さん、森田成一さん、鈴村健一さんらが脇を固めるという超豪華舞台の雰囲気をお伝え! 構成で参加されている諏訪勝さんからのコメントもあります。

「声優さんのすごさがわかるのはラジオですよ!」という私の企画提案をもとに編集部が番組に取材交渉してくださり、山形さんをはじめ、パーソナリティの方々、諏訪さん、ディレクターや構成作家のみなさん、すべてのスタッフさんたちが快く対応してくださって……私がめちゃ幸せな取材でした。ありがとうございました。

記事74ページ中24ページを担当するということで文字数も重圧もいっぱいいっぱいでしたが、読んだ方々からうれしい感想をたくさんいただいていて、今はホッとしています。

 

●『すかがわ、めぐるめく』春号

f:id:o-magazine:20160524193719j:plain

女性4名のクリエイティブチームstillwaterさんと福島県須賀川市に行き、こんな素敵な冊子のお手伝いをさせていただきました。2018年に市民交流センターができることから、須賀川市の魅力を市内の人にももっと広めようというテーマで作られたフリーマガジン『すかがわ、めぐるめく』春号。須賀川市在住の世界的な模型原型師・酒井ゆうじさんを始め、渡辺果樹園のみなさん、図書館長、DJの方などにお話を伺い、記事にまとめさせていただきました。stillwater青木さんの熱意がみんなを動かしています!

●『食育丸の内』(三菱地所食育運営事務局)

f:id:o-magazine:20160524193905j:plain

そしてこちらもstillwaterさんと共に。三菱地所食育運営事務局発行のフリーマガジン『食育丸の内』にて、座談会の記事構成を担当させていただきました。食育丸の内・丸の内シェフズクラブプロデューサーの井上友美さんが聞き手となり、丸の内シェフズクラブ会長の服部幸應氏と三菱地所取締役社長の杉山博孝氏が、食育丸の内プロジェクトの現在と未来についてお話しされています。丸の内には何かと縁があるので、これからもお世話になります!

shokumaru.jp

 

●東急プラザ広告(日経新聞

東急不動産 銀座対談 | 日本経済新聞 電子版特集


3月29日日経新聞広告にて、新しくオープンした東急プラザ銀座と銀座の街をテーマに、フリーアナウンサー住吉美紀さんがテリー伊藤さんにインタビュー。その記事を構成させていただきました。ほかに松任谷正隆さん、東急不動産社長との対談記事もそれぞれ掲載されています。住吉さん、さすがインタビューがお上手! テリーさん、お話の引き出しが多い! とても楽しい対談でした。

東急プラザ銀座は3月31日にオープンした銀座の新しいランドマーク。私も先日行ってみましたが、大人をターゲットとしたショップが揃っていて、見飽きない場所でした。ロッテ免税店が入っている
こともあってか、外国人客も多かったですね。

  

「2nd」6月号(枻出版社)

2nd(セカンド) 2016年6月号 Vol.111[雑誌]

映画『テラフォーマーズ』出演の武井咲さんにインタビューさせていただきました。会うなり「ロボとーちゃんの声優めちゃくちゃよかったです!」と伝えられたので満足です。とても素敵な女性でした〜。


●映画『ずっと前から好きでした。〜告白実行委員会〜』神谷浩史さん&戸松遥さん取材


映画『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』

 

劇場アニメ『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』主演の声優・神谷浩史さんと戸松遥さんのおふたりにオフィシャルとしてインタビューさせていただきました。その内容は、『メーカー横断アニメガイド』ほかあちこちで公開されています。

 

●映画『テラフォーマーズ』応援コメント

wwws.warnerbros.co.jp

 公開前の期待コメントに続いて、公開後の応援コメントも書かせていただきました!



●『プラスアクト』6月号(ワニブックス

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2016年 06月号

6月18日公開の赤堀雅秋監督最新作『葛城事件』出演の若葉竜也さんにインタビューしました。私は、『明烏』に続いての二度目の若葉さんインタビュー。しかし今作は、絶対的な存在の父から逃れるように内に引きこもり、終には事件を起こしてしまう息子というハードな役。悩み苦しんだという撮影前後の記憶を赤裸々に語ってくれました。

 

映画は壮絶です、でも観る価値は想像を絶するほど大きいものです。相当な覚悟を持ってご覧ください。

 

「2nd」7月号(枻出版社)

2nd(セカンド) 2016年7月号 Vol.112[雑誌]

公開中の映画『海よりもまだ深く』出演の真木よう子さんにインタビューしました。この作品に惚れ込んでいると言う真木さん。私もこれは是枝裕和監督最高傑作だと思います!


鳥海浩輔『てきとう』ライティング(宝島社)

てきとう

人気声優・鳥海浩輔さん初の著書『てきとう』の制作に参加させていただきました。鳥海さんロングインタビュー、鳥海さん×KENNさん対談記事構成、NO MUSIC NO LIFE、NO COMIC NO LIFEの記事構成を担当しています。


取材や撮影で何度もお会いさせていただきましたが、本の中でも書かれているように鳥海さんは本当に“ゆるふわ”な方! スタッフもみんなリラックスした状態でできていたように思います。


●『ガールズFebri』(一迅社

ガールズFebri

ゲーム「アイドルマスター SideM」大特集にて、ガミPこと総合プロデューサーの坂上陽三氏インタビュー&楽曲考コラムを書かせていただきました! 私もスタート以来毎日SideMをプロデュースしていますので、いちプロデューサーとして坂上さんに根掘り葉掘り聞いちゃいましたが、どの質問に対しても明るく真摯に丁寧に答えてくださいました。

インタビュー本文の中で坂上さんが「普段は片目が前髪で隠れていて歌うときになったら顔が見える奴がいい」とおっしゃったのに対して、私が「九十九(一希)くんがそんなビジュアルですね」と返してしまっているのですが、坂上さんは「山下次郎」のことを指していたようですね(エゴサーチして知りました…)。特に指摘されなかったとはいえ、皆さん気を使ってくださったのかもしれません。私の勉強不足でそのまま書いてしまって申し訳なかったです。


1st STAGEのブルーレイも楽しみですね!


THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE 〜ST@RTING!〜 LIVE Blu-ray ダイジェスト映像



NHK大河ドラマ・ストーリー 真田丸 後編」(NHK出版)

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

大河ドラマ『真田丸』の語りを担当されている有働由美子アナウンサーにインタビューしています。『真田丸』関連本は数社から出ていますが、有働アナの収録まで取材できたのはこのNHK出版版だけだと思います! おかげで収録スタジオというすごいところに入れていただけて、収録の様子も取材できました。ちなみに撮影はなんと『ブラタモリ』スチールカメラマンの山田大輔さん! 番組EDの写真ステキだなぁと思ってた矢先のことだったので、個人的にとても嬉しかったです。

有働アナ、イメージ通りの明るさと、「本当は声が低いしネガティブなんです〜」と全部しゃべってくださるところがとても可愛らしくて、人気アナウンサーなのも納得!な方でした。ドラマもますます面白くなっていって、本当に
すごい番組です!

 

「SODA 」7月号(ぴあ)

SODA 2016年7月号

『劇場版 牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-』レオン・ルイス役の声優・浪川大輔さんにインタビューしました。私にすかさずツッコミを入れつつ、熱いお話をしてくださって大感激。声優の姿勢についてもお話ししてくれましたよ。私は浪川さんのお芝居が大好きなので、もっともっとインタビューしたかった。明るくて、お仕事に対して常に全力な方。声優としてトップランナーであり続ける理由がよくわかりました。またお会いできますように!