読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大曲智子広報室

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡は→detroit_8000@hotmail.com

2016クライマックス

お知らせがいっぱいあります!
素晴らしいコンテンツやプロジェクトの取材ができた2016年後半。
映像の大ヒット作が次々に登場した、本当にすごい年だと思います。
「HiGH&LOW」、「真田丸」、「この世界の片隅に」は今年を代表するキーワード!


●『うどんの国の金色毛鞠』第1話先行上映会オフィシャルレポート

www.udonnokuni-anime.jp

現在放送中のアニメ『うどんの国の金色毛鞠』。去る 9月22日に新宿バルト9にて行われた、俵宗太の中村悠一さん、ポコ役の古城門志帆さん、宅野誠起監督が登壇した第1回先行上映回。その様子を、オフィシャルサイトにてレポートさせていただきました。
疲れた心が癒される、香川に行ってうどんが食べたくなるアニメです!

 

●「別冊プラスアクト」Vol.22

別冊+act. Vol.22 (ワニムックシリーズ 228)

巻頭は『HiGH&LOW THE RED RAIN』公開記念大特集! 登坂広臣さん10000字インタビュー、青柳翔さん×鈴木伸之さんの劇団EXILEコンビ対談と、劇場版2作の紹介ページを担当しました。みんな大好き雨宮広斗、九十九さん、ヤマト! 渾身の力作です!!!

そしてもう1記事。この号のテーマは“プロジェクト力”ということで、あの大ヒットアニメの舞台化である『おそ松さん on STAGE~SIX MEN'S SHOW TIME~』を手がけられたエイベックス・ピクチャーズの菅原プロデューサーにお話を伺いました!


●Mugendai
女性なら誰もが知る人気のバッグ・アパレルブランドANTEPRIMA。その創設者でクリエイティブ・ディレクターである荻野いづみさんにインタビューさせていただきました。世界中を駆け回っている荻野さん、パワフルでいてとても繊細。憧れの女性です。

www.mugendai-web.jp

アンテプリマ公式サイト

 

●「2nd」12月号

2nd(セカンド) 2016年12月号 Vol.117

映画『永い言い訳』西川美和監督と主演の本木雅弘さんにインタビューさせていただきました。限られた時間の中でできるだけ型にはまらない話をしようとしてくれる本木さん。それを面白そうに見ている西川さん。人として向き合ってくれた取材でした。

この映画は私にとって2016年ベスト映画のひとつ。出会えてよかったと心から思える作品です。ぜひ劇場で観てください、ぜひに!



●『NHK大河ドラマ・ストーリー 真田丸 完結編』

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

もうすぐ最終回……(泣)

今年は数多くのヒットドラマが生まれましたが、その中でも最大のヒット作と言っていいのではないでしょうか、NHK大河ドラマ『真田丸』。そのガイドブックの後編に続き、最終巻となる完結編が刊行されました。

まずはキャストインタビューにて、真田信之役・大泉洋さん、徳川秀忠役・星野源さんに、自身が演じた役への思いを語っていただきました。

そしてそして、「偉大な父を持つ2代目」というテーマで、その大泉さんと星野さんの超スペシャル対談が実現! こちらの構成も担当しました。

物語はクライマックスですが、カジュアルな雰囲気でのちょっとホッとするページとなりました。おふたりの仲の良さがわかるトークと、かわいいお写真にニヤニヤします!

三谷幸喜さんの脚本ということで初回から観ていた「真田丸」。一視聴者として楽しんでいたところガイドブック後編から声をかけていただき、取材をさせていただくようになりとっても嬉しかったです。初めて大河ドラマの現場に触れましたが、スタッフもキャストもプロフェッショナルだらけ。プライドや凄みすら感じられました。

私も最終回の台本は読んでいません。明日は第48回の放送、そして最終回は12月17日……見たくないような気もしますが、でも見たい。楽しみです!


●『この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック』
この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック
口コミで驚きの大ヒットを呼んでいる、こうの史代さん原作、片渕須直監督の劇場アニメ『この世界の片隅に』
主人公すずを熱演した女優ののんさんと、愛情豊かな夫の周作を繊細に演じられた声優の細谷佳正さんにインタビューさせていただきました。映画『この世界の片隅に』についての細谷さんのインタビューは今のところこの本だけ! そして、そのほかのテキスト部分もお手伝いしています。映画の大ヒットとともに売れておりまして、先日なんと重版されました!

ストーリーやキャラクター設定はもちろんのこと、細かな資料や原画の一枚一枚までもが愛しくなって胸がいっぱいになり、涙脆い私はすぐにぼろぼろ泣いてしまうという…。構成・編集・執筆は藤津亮太さん。藤津さんのエネルギーも読んでいて伝わってきました。私はキャストインタビューをしたのと、スタッフインタビュー周りのサポートをしましたが、もっとお手伝いしてさしあげればよかった…いや私には無理だったか…と頭がぐるぐるとなるぐらい圧巻の内容です。原作ファン、映画を楽しみにしているすべての方にオススメです。私は今のところ3回鑑賞。その度に涙し、その度に新しい発見をしています。
 
●映画『この世界の片隅に』パンフレット
f:id:o-magazine:20161203192721j:plain
そしてこちらも。映画『この世界の片隅に』劇場パンフレット発売中です。こちらも大好評につき、売り切れが続出中…。見つけたらすぐの購入をオススメします。
主人公すず役ののんさん、片渕監督と原作のこうの史代さんと親交が深い漫画家の青木俊直さんのインタビュー・構成と、スタッフインタビューの構成を一部担当させていただきました。

とても濃密な内容のパンフレットになっています。鑑賞後も作品世界に浸れますよ。
第5号目となった『声優男子。』にて、たくさん取材・執筆させていただきました。個人的にも思い出深い号になりました。

1.まずは表紙巻頭の浪川大輔さんロングインタビュー! 編集さんとずっと「浪川さんにじっくり話が聞きたい」と言っていた願いが実現しました。取材で私が感じたことのすべてを文章に詰め込んだ記事になっています。浪川さんが声優として常にトップランナーでいるのには理由がありました。ファンの方も知らない内容になっているのではと思います。

2.現在超大ヒット中のアニメ『ユーリ!!! on ICE』。もうひとりのユーリことユーリ・プリセツキー役を演じている、内山昂輝さんにインタビューさせていただきました。私が内山さんにインタビューするのは、『ピンポン』COMPLETE BOXのブックレット取材以来。約2年ぶりにがっつりお話させていただきました。チェンジした内山さんのことをインタビューの核にしています。こちらもファンの皆様必見の写真、必読の内容だと思います。

3.ラジオ番組『神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜』10周年を記念し、6月に行われた伝説のイベント「DGS EXPO 2016」2日目の様子を詳細レポート! 神谷さん、小野さん、番組スタッフとリスナーとの絆を、感じたままに書きました。本当に素晴らしいイベントだったな…

4.鈴村健一さん主宰の演劇プロジェクト「AD-LIVE」をレポート! 鈴村健一さん×寺島拓篤さんによる初日の昼・夜公演、昼夜でどのような違いがあったかも触れています。そしてそして、総合プロデューサーとして鈴村さんにインタビュー! 演劇人としての顔や楽しそうな表情が伝わると嬉しいです。

『声優男子。』は書き手の主観での文章を求められるので、普段あまり自分を出さない文章を書く身としてはハードルが高いのですが、なるべく多くの人に読んでもらえるバランスを探りながら書きました。でもやっぱり声優さんたちのメッセージが伝わるのが一番嬉しいなと思ってます。

 ●「シネコンウォーカー」「『海賊とよばれた男』ガイドブック」
f:id:o-magazine:20161203192428j:plain
 どちらもシネコンなどで配付中です。
『海賊とよばれた男』は12月10日全国公開!


●「音楽と人増刊 LiNK.」
LiNK.【リンク】 Vol.001 音楽と人増刊 表紙巻頭:うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター(愛島セシル&天草シオン)
あの「音楽と人」から、アニメ×カルチャーの新雑誌が創刊されました。表紙巻頭『うたの⭐︎プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』特集にて、愛島セシル役の鳥海浩輔さん×天草シオン役の山下大輝さん対談記事と、鳥海さんの単独インタビューを担当しています。ちなみに山下さんのインタビューを担当されたのは、偶然にも友人ライターの川俣綾香さん! 初のコラボ仕事となりました。

『うた⭐︎プリ』は私もアニメ1期でハマり、ゲームも全て購入・プレイしたほど大好きな作品。取材できて光栄でした!


●「プラスアクト」12月号
+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2016年 12月号
ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』に出演中の佐野勇斗さんにインタビューさせていただきました。物語の鍵を握る息子・和樹に注目する人も多いのでは。芸能活動が楽しくて仕方ないという佐野さんの素顔に迫りました。めちゃくちゃ可愛いですー!

番組と連動した佐野さんのブログも面白いですよ。
佐野勇斗オフィシャルブログ「砂の塔 知りすぎた隣人」Powered by Ameba 


●「2nd」2017年1月
2nd(セカンド) 2017年1月号 Vol.118
現在公開中の映画『疾風ロンド』出演の、大島優子さんにインタビューしています。作中でスノーボードクロス選手役を演じた大島さんですが、実際にスノーボードが得意ということで、ほとんどのシーンはご本人が滑っています! イメージ通りの飾らない方で、思わず「普通ですね〜」と言ってしまったのですが、大島さんの答えがまたおかしくて大爆笑。その答えは…誌面をお読みください!