大曲智子広報室

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡は→detroit_8000@hotmail.com

ツアー中です

2017年初の更新となりました。
冬眠していたんだと思います……あけましておめでとうございます。

しかし、2月に某ツアーのため大阪に単独遠征したり、出張で札幌に行ったりと、あちこち動いておりますよ。今年もどうぞよろしくお願いします。

●アニメ!アニメ!

animeanime.jp

 大ヒット中の映画『この世界の片隅に』。そのスタートは、パイロット映像を作るための資金をクラウドファンディングで集めたことでした。請け負ったのは、株式会社サイバーエージェントクラウドファンディングが運営するサイトMakuake。同社の代表取締役である中山亮太郎さんに、『この世界の片隅に』とクラウドファンディングの関係について伺いました。

「出資者へのお返しを均一にすることで作品の純度を保とう」というMAPPA丸山正雄氏の意見にハッとさせられた話など、気づきがたくさんあるお話でした。クラウドファンディングで成功したアニメ、と思われているけれど、「小さく生んで大きく育てられたアニメ」であり、クラウドファンディングはその最初の一歩だったのだと思います。何より、お金を集める役目を請け負った中山さんたちもまた、作品への思いが強かったことが良かったなと。詳しくは記事を読んでくださいませ。

●「プラスアクト」2月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2017年 2月号

2月25日公開の映画『今日のキラ君』で、少女漫画原作の映画に初挑戦した中川大志さんにインタビューさせていただきました。昨年は『真田丸』で実力を日本中に見せつけていたので、スタジオで「秀頼様…!」と言いそうになった。プラスアクトに登場するたびにインタビューしているので(これが3度目)、成長ぶりがわかるのも嬉しい。
最初に会った時は高校1年だったのにもうすぐ卒業とは……たまに会う親類の気分です。

●「2nd」3月号

2nd(セカンド) 2017年3月号 Vol.120[雑誌]

1/21公開の映画『新宿スワンⅡ』主演の綾野剛さんにインタビューしています。「この作品、正直にどう思いました?」など、こちらの目を見てちゃんと対話をしてくれた綾野さん。とても純粋で素敵な人でした。取材日に私がちょうど考えていた“欲”のことがこの作品とつながったのでそう話したところ、かなり奥深いことをお話しいただきました。型通りのことをしない、出会いを大切にする人なんだなと感じました。

 

●アニメ!アニメ!

animeanime.jp

大ヒット公開中の『劇場版 黒執事 Book of the Atlantic』セバスチャン役の小野大輔さんにインタビューさせていただきました! 「黒執事」の大ファンとしてあれこれお話を伺いました。私は初めての小野さんインタビュー。乙女男子編集Oくんがファンになってしまったほど実直で素敵な方でした。‬

映画も素晴らしいです。「黒執事」のほとんどのキャラクターが登場しますし、入門編としてもオススメですよ!

●「別冊プラスアクト」23号

別冊+act. Vol.23 (ワニムックシリーズ230)

昨年のドラマ『逃げ恥』では不思議な後輩キャラを演じていた、成田凌さんにインタビュー。GReeeeNの名曲誕生秘話を描く映画『キセキ -あの日のソビト-』のことを中心に、今の成田さんについてたっぷりお話を伺いました。

そして、2/6より放送中のドラマ『きみはペット』に主演している、志尊淳さんにインタビュー。志尊さんとは2015年の映画『先輩と彼女』以来の取材だったのですが、「覚えてますよ! すぐわかりました」と言ってくださり、感激。ますますお芝居にのめり込んでいるようで、嬉しい再会となりました。

そしてそして、成田凌さんには「人に薦められて好きになった愛しい本や音楽」特集でもご登場いただいています。素敵な思い出と共にご紹介いただいた曲とは? 

 

●「プラスアクト」3月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2017年 3月号

 放送中のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』大特集・前編! 前後編に渡ってバイプレイヤーズ6人全員にそれぞれ個別インタビューをさせていただきました。

前編となる3月号は、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さんの3名が登場!館山での撮影現場レポートもあります。年末年始、館山に行っていたのはこの取材だったのでした。

プラスアクトで2号に渡ってひとつの作品の特集をするのは初めてのことなのだとか。撮り下ろしの6人のポートレートもカッコイイです。すべての取材を担当させていただけたのも、個人的には嬉しいことでした。撮影は全カット、本多晃子さん。編集担当は池上愛さん。船田編集長、編集部山岸さんのサポートも助かりました。

そしてそして、映画『PとJK』に出演されている西畑大吾さん(関西ジャニーズJr.)にインタビューさせていただきました。「何でも聞いてください!」と明るく出迎えてくださり、本当にオープンにいろいろお話しいただきました。『ごちそうさん』『あさが来た』と連続出演し、朝ドラファンにはおなじみの西畑さん。俳優としてこれからさらに飛躍しそうです。

●「2nd」4月号

2nd(セカンド) 2017年4月号 Vol.121[雑誌]

公開中の映画『愚行録』出演の満島ひかりさんにインタビューさせていただきました! 時にあのかわいらしい笑い方を見せながら、難しい作品に挑んだ様子を話してくださいました。友達同士のような感覚で話せたほど私も楽しい時間だった…。ずっとファンなんですが、より好きになりました。撮影の途中、結んでいた髪の毛をえいっとばかりに自分でほどき、カメラの前にナチュラルに立ってくれたのがとても彼女らしくて最高だった。ほどいた満島さんの写真も要チェックです。ドラマ「カルテット」すずめちゃんも大好きでした。

 

●アニメ!アニメ!

animeanime.jp

2/25より『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章が劇場上映されたのを記念し、古代進役の小野大輔さんと、新キャストの神谷浩史さんにインタビューしました。

黒執事」に続き、今年立て続けに小野大輔さんにインタビュー。それが「ヤマト」の新作で、しかも神谷さんまで加わって。ラジオ番組「DGS」で10年コンビを組んでいるお二人だけあって、まるでラジオのようにざっくばらんなお話をしていただけたなと思います。とても楽しい時間でした。

昨年DGS EXPOを雑誌で取材したこともあり、DGSリスナー的要素も醸しながら書いてみました。お二人の間にあるいい雰囲気が伝わったら嬉しいです。「ヤマト2202」第二章も楽しみです!

●『鳥海浩輔安元洋貴の禁断生ラジオ本 1.5』

鳥海浩輔・安元洋貴の禁断生ラジオ本 1.5 【DVD付き】

こちらも6年半と長く続いている、ニコ生の番組「鳥海浩輔安元洋貴の今夜は眠らせない… 禁断生ラジオ」。番組本第2弾となる、その名も『鳥海浩輔安元洋貴の禁断生ラジオ本 1.5』。鳥海さんと安元さんの対談ページの取材・構成を担当させていただきました。隅から隅まで面白い、大人の悪ふざけが詰まっています!

鳥海さん、安元さんとは、鳥海さんの著書『てきとう』をきっかけに何度も取材させていただくこととなり、結果、私はお二人の中で「SHINee好き、K-POP好きライター」として認識されているようです。

 

●アニメ!アニメ! 映画『シング/SING』特集

f:id:o-magazine:20170324214030p:plain

SING/シング | アニメ!アニメ!

大ヒット公開中の映画『シング/SING』特集プロモーション記事を執筆しました。

 

ひつじのエディ役、宮野真守さんにもインタビュー!

animeanime.jp

 

●「月刊シネコンウォーカー」3月号

f:id:o-magazine:20170324214631j:plain

トップページ | シネコン.jp

全国のシネコンで配付中の「月刊シネコンウォーカー」。大ヒット公開中のディズニー映画『モアナと伝説の海』について、ゴールデンボンバー歌広場淳さんに、試写でご覧になった直後にお話を伺いました。観た直後でどうしてここまで深く読み取れるの!?とスタッフ一同驚愕。その内容は誌面でぜひ!

 

●アニメ!アニメ!

animeanime.jp

大ヒット公開中の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』について、ジャイアン役の木村昴さんとスネ夫役の関智一さんにインタビューさせていただきました。“ジャイスネ”のような仲良しぶり……というか関さんのいたずらにちゃんと付き合う昴さんが可愛らしくて、大爆笑の中でのインタビューとなりました。

関さんとはラジオ「ユニゾン!」密着取材以来。昴さんとは『ピンポン THE ANIMATION』以来。このお二人の声、大好きなんです!

 

そしてここまで紹介した、『シング/SING』、『モアナと伝説の海』、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が、3月21日現在の映画興行収入ランキングBEST3! 

 

●「プラスアクト」4月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2017年 4月号

表紙は巻頭大特集の亀梨和也さん。私は、3/25公開の映画『PとJK』プロデューサーの宇髙武志さんに、制作の立場から見た俳優亀梨和也さんについてインタビューしました。

そして前号に続き、『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』特集・後編!
遠藤憲一さん、大杉漣さん、光石研さん、そして松居大悟監督の4名にインタビューさせていただきました。

前編の3名はOPのスーツ姿でしたが、今回の3名の衣装はまた違うのです。要チェック!

 

●「丸のなか」Vol.05 2017春号

f:id:o-magazine:20170324215929p:plain

食育丸の内 - 三菱地所

三菱地所発行の「食育丸の内」プロジェクト季刊フリーマガジン『丸のなか』05号が、丸の内エリアにて配布中です。上記URLにてデジタル配信も。

「あなたをカタチづくるもの」インタビュー連載にて、芸能界随一の食通、アンジャッシュ渡部建さんにロングインタビュー。その構成を担当しました。

「日本のごちそう」、今号は北海道・羅臼! 丸の内シェフズクラブのシェフたちと共に、北海道羅臼のごちそうの旅へ。昆布小屋と羅臼市場を見学し、地元の方達との懇親会や、地元の高校生・婦人部にシェフたちが料理を教えた貴重なワークショップの様子まで、隈なくレポートしています。羅臼には、丸の内シェフズクラブ会長の服部幸應先生もいらっしゃいました〜。編集はステキ女子チームのstillwater!