OMGZINE

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡、記事のご感想などは→detroit_8000@hotmail.com

台湾の月

8月に、久しぶりに台湾に行って、リフレッシュしてきました〜。
なぜか何度も行ってしまう…。
ざっくりとした言い方で恐縮ですが、中華圏の文化に無条件で惹かれる体質だという実感があります。できることなら住みたいぐらい。
今回は台北と台中に行きましたが、もっともっと極めたいなぁ。

f:id:o-magazine:20191008231513j:plain


以下、8月のお仕事です!


●「プラスアクト」8月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 8月号
瀬戸康史さん、志尊淳さんにインタビューしました。瀬戸さんには、昨日始まった新ドラマ『ルパンの娘』について。志尊さんには、日本で初めてカンヌ国際ドラマ祭コンペティション部門に出品された『潤一』のお話を中心に、あれこれ伺いました。

取材前、志尊さんに「これ文字起こし大変ですよねぇ」と言われて笑いました。そんなこと言ってくれる俳優さん初めて。今までもずーっと文字起こししてますよ〜と答えました。どちらのインタビューも楽しかったです!


●『韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック』

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック (教養・文化シリーズ)

日本語吹き替えの収録現場にお邪魔して、イ・ユル/ウォンドゥクに声を当てた宮崎遊さんと、ユン・イソ/ホンシム役の早見沙織さんのお二人へのインタビュー記事を担当しました〜。お二人ともこの収録は毎週緊張しながら臨んでいるそう。収録の様子も見学しましたが、トップクラスのベテラン声優さんたちと共に、堂々とお芝居をされているお二人がとてもカッコよかったです。

EXOのD.Oことド・ギョンスが主演のドラマであり、声優さんへの取材ということもあって、得意中の得意な内容だったインタビュー。編集さんが、EXO-Lになった途端にメンバーがどんどん入隊して(ギョンスも!)嘆いている私を不憫がって、私にやらせてくれたお仕事でもありました…ありがとうSさん…。

いつもの韓ドラガイドとは違って、読みやすい雑誌のようなサイズ。ギョンスの麗しい写真がこれでもかとたっぷり載っております! ドラマも本当に面白いです〜NHK BSプレミアムで夜9時から!

100日の郎君様|NHK BSプレミアム 海外ドラマ



●KIKI by VOICE Newtype「COVER VOICE」土岐隼一さん

kiki-voice.jp

人気声優の土岐隼一さんにインタビューしました。全4回に渡ってのインタビューになります。『真夜中のオカルト公務員』のこと、初めてお芝居をした時のことなどなど、たっぷり伺ってます!

COVER VOICE 36:土岐隼一 第2回「前向きな自分になるための課題」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 36:土岐隼一 第3回「ライバルであり同志」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 36:土岐隼一 第4回「みんなに愛される役者に」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

 


入野自由ライブツアーKiramune Presents IRINO MIYU LIVE TOUR 2019 “TEN” 「10th Anniversary パンフレット」

kiramune.jp


パンフレットに掲載されている、入野さんのロングインタビュー取材・構成を担当しました。入野さん、アーティスト活動10周年おめでとうございます!‬



●『映画「二ノ国」 公式アートブック』

映画「二ノ国」 公式アートブック

美術設定をまとめた公式アートブック。私は、音楽を担当された久石譲さんインタビュー記事の、取材・構成を担当しています。


●「別冊プラスアクト Vol.32」

別冊+act. Vol.32 (ワニムックシリーズ243)
巻頭『HiGH&LOW THE WORST』特集にて、
山田裕貴さん(村山役)
神尾楓珠さん(中越役)
佐藤寛太さん(テッツ役)
平沼紀久さん(脚本・プロデュース)
以上4人のみなさんにインタビューしました。この号は“20代百景”というテーマでもあるため、俳優の方々には20代についても伺ってます。どの方も個性が出まくっているインタビューになっていると思います。
『HiGH&LOW THE WORST』は現在大ヒット公開中! これまでハイローを見たことがない人でも楽しめる気がするので、だまされたと思ってまずは映画館へ!


早霧せいな『-元宝塚トップスターが伝える-夢のつかみ方、挑戦し続ける力』

夢のつかみ方、挑戦し続ける力: 元宝塚トップスターが伝える (14歳の世渡り術)

宝塚歌劇団雪組トップスターを務め、2017年に退団された早霧せいなさんの著書が河出書房新社より発売されました。「14歳の世渡り術」シリーズからの刊行となります。私は全体の構成を担当しました。

宝塚&早霧さんのファンはもちろん、将来に悩む若い方、さらには「宝塚ってどんな世界なの?」という疑問にもバッチリ答えられる内容です。タカラジェンヌって雲の上の人だな~と思ってた私のような人でも楽しく読めます! 

書籍の方はすぐに重版となり、さらにKindleをはじめとする各電子書籍でも購入できるようになりました。今の私の仕事の集大成だと思っています。早霧さん、編集のみなさま、本当にありがとうございました!


●映画『二ノ国』劇場プログラム

f:id:o-magazine:20191008230053j:plain
8月23日より全国公開された劇場アニメーション『二ノ国』に、宣伝ライターとして関わりました。販売中の劇場用プログラムにて、スタッフ&キャストインタビューと、プロダクションノートの執筆を担当しています。

映画『二ノ国』オフィシャルサイト