大曲智子広報室

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡、記事のご感想などは→detroit_8000@hotmail.com

「2nd」4月号発売中!

「2nd(セカンド)」4月号発売中です!

映画インタビューは、現在『冷たい熱帯魚』が公開中の、園子温監督。
10代で詩人デビューした後、映像に舞台を移し、
インディーズで精力的に活動した園さん。
自殺サークル』でメジャー映画デビューを果たし、いきなり注目されたのが2001年のこと。
その後の『Strange Circus』、『紀子の食卓』、『エクステ』などでの活躍はもうおなじみ。

園監督といえば、やはり『愛のむきだし』のインパクトは大きかった。
約4時間という長尺ながらそれをまったく感じさせない、
人間の欲望をこれでもかとあらわにした、衝撃的な作品でした。
愛のむきだし』が若者でもって描いた作品なら、
冷たい熱帯魚』は登場人物のほとんどが、中年男女。
人間の汚らしい部分を表すのに、最も適した年齢層!
実際に起きた猟奇殺人事件をもとに書き上げたストーリーということもあり、
「こんなの作り話だ」なんて綺麗事を言わせない、そんなリアルがここにあります。

そんな園監督に、誌面では「救いのない映画」を3本あげていただきました。
あの園監督すら「救いがないねぇ」と言わしめる3作品とは?
ぜひ『2nd』4月号をご覧ください!

ちなみに園監督の次回作『恋の罪』は、「東電OL殺人事件」がベース。
佐野眞一氏によるノンフィクション『東電OL殺人事件』を、
大いに興味を持って読んだ私としては、久しぶりに待ちきれない邦画となりそうです。

園子温監督作品『冷たい熱帯魚』 
テアトル新宿ほかにて全国公開中!(堂々のR18指定ですw)
公式サイト