OMGZINE

ライター大曲智子のお仕事のお知らせとフリートーク。お仕事のご相談やご連絡、記事のご感想などは→detroit_8000@hotmail.com

台湾の月

8月に、久しぶりに台湾に行って、リフレッシュしてきました〜。
なぜか何度も行ってしまう…。
ざっくりとした言い方で恐縮ですが、中華圏の文化に無条件で惹かれる体質だという実感があります。できることなら住みたいぐらい。
今回は台北と台中に行きましたが、もっともっと極めたいなぁ。

f:id:o-magazine:20191008231513j:plain


以下、8月のお仕事です!


●「プラスアクト」8月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 8月号
瀬戸康史さん、志尊淳さんにインタビューしました。瀬戸さんには、昨日始まった新ドラマ『ルパンの娘』について。志尊さんには、日本で初めてカンヌ国際ドラマ祭コンペティション部門に出品された『潤一』のお話を中心に、あれこれ伺いました。

取材前、志尊さんに「これ文字起こし大変ですよねぇ」と言われて笑いました。そんなこと言ってくれる俳優さん初めて。今までもずーっと文字起こししてますよ〜と答えました。どちらのインタビューも楽しかったです!


●『韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック』

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック (教養・文化シリーズ)

日本語吹き替えの収録現場にお邪魔して、イ・ユル/ウォンドゥクに声を当てた宮崎遊さんと、ユン・イソ/ホンシム役の早見沙織さんのお二人へのインタビュー記事を担当しました〜。お二人ともこの収録は毎週緊張しながら臨んでいるそう。収録の様子も見学しましたが、トップクラスのベテラン声優さんたちと共に、堂々とお芝居をされているお二人がとてもカッコよかったです。

EXOのD.Oことド・ギョンスが主演のドラマであり、声優さんへの取材ということもあって、得意中の得意な内容だったインタビュー。編集さんが、EXO-Lになった途端にメンバーがどんどん入隊して(ギョンスも!)嘆いている私を不憫がって、私にやらせてくれたお仕事でもありました…ありがとうSさん…。

いつもの韓ドラガイドとは違って、読みやすい雑誌のようなサイズ。ギョンスの麗しい写真がこれでもかとたっぷり載っております! ドラマも本当に面白いです〜NHK BSプレミアムで夜9時から!

100日の郎君様|NHK BSプレミアム 海外ドラマ



●KIKI by VOICE Newtype「COVER VOICE」土岐隼一さん

kiki-voice.jp

人気声優の土岐隼一さんにインタビューしました。全4回に渡ってのインタビューになります。『真夜中のオカルト公務員』のこと、初めてお芝居をした時のことなどなど、たっぷり伺ってます!

COVER VOICE 36:土岐隼一 第2回「前向きな自分になるための課題」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 36:土岐隼一 第3回「ライバルであり同志」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 36:土岐隼一 第4回「みんなに愛される役者に」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

 


入野自由ライブツアーKiramune Presents IRINO MIYU LIVE TOUR 2019 “TEN” 「10th Anniversary パンフレット」

kiramune.jp


パンフレットに掲載されている、入野さんのロングインタビュー取材・構成を担当しました。入野さん、アーティスト活動10周年おめでとうございます!‬



●『映画「二ノ国」 公式アートブック』

映画「二ノ国」 公式アートブック

美術設定をまとめた公式アートブック。私は、音楽を担当された久石譲さんインタビュー記事の、取材・構成を担当しています。


●「別冊プラスアクト Vol.32」

別冊+act. Vol.32 (ワニムックシリーズ243)
巻頭『HiGH&LOW THE WORST』特集にて、
山田裕貴さん(村山役)
神尾楓珠さん(中越役)
佐藤寛太さん(テッツ役)
平沼紀久さん(脚本・プロデュース)
以上4人のみなさんにインタビューしました。この号は“20代百景”というテーマでもあるため、俳優の方々には20代についても伺ってます。どの方も個性が出まくっているインタビューになっていると思います。
『HiGH&LOW THE WORST』は現在大ヒット公開中! これまでハイローを見たことがない人でも楽しめる気がするので、だまされたと思ってまずは映画館へ!


早霧せいな『-元宝塚トップスターが伝える-夢のつかみ方、挑戦し続ける力』

夢のつかみ方、挑戦し続ける力: 元宝塚トップスターが伝える (14歳の世渡り術)

宝塚歌劇団雪組トップスターを務め、2017年に退団された早霧せいなさんの著書が河出書房新社より発売されました。「14歳の世渡り術」シリーズからの刊行となります。私は全体の構成を担当しました。

宝塚&早霧さんのファンはもちろん、将来に悩む若い方、さらには「宝塚ってどんな世界なの?」という疑問にもバッチリ答えられる内容です。タカラジェンヌって雲の上の人だな~と思ってた私のような人でも楽しく読めます! 

書籍の方はすぐに重版となり、さらにKindleをはじめとする各電子書籍でも購入できるようになりました。今の私の仕事の集大成だと思っています。早霧さん、編集のみなさま、本当にありがとうございました!


●映画『二ノ国』劇場プログラム

f:id:o-magazine:20191008230053j:plain
8月23日より全国公開された劇場アニメーション『二ノ国』に、宣伝ライターとして関わりました。販売中の劇場用プログラムにて、スタッフ&キャストインタビューと、プロダクションノートの執筆を担当しています。

映画『二ノ国』オフィシャルサイト

長雨のころ

5月から梅雨真っ最中の頃のお仕事です……


●『プラスアクト』6月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 6月号


表紙巻頭の吉沢亮さん特集にて、朝ドラ『なつぞら』制作統括の磯智明さんに、吉沢さんキャスティングの経緯や、現場で感じる彼の芝居力について、たっぷり伺いました。吉沢亮は芝居がうまい! これは現場で彼と接している人たちの共通認識だと思います。

そして、5月24日公開の映画『小さな恋のうた』で初の単独主演を務めた、佐野勇斗さんにもインタビュー。私は3年ぶりの取材でしたが、3年前と同じく「誰かが喜んでくれることが好き」と言っていて感動。映画も本当に素晴らしいものになっているので、ぜひ多くの人に観てほしいです!


●iivedoorニュース 岡本信彦さんインタビュー

news.livedoor.com

岡本信彦さん×お肉企画第3弾インタビュー、惜しまれつつの最終回でした。制作チームの雰囲気もすごくよくて、私も取材に行くのが楽しみな企画でした。岡本さんやみなさんと、また違う形で会えますように。


ガリガリ 『プロメア』プロデューサーインタビュー

gari-gari.jp

博報堂が運営するアニメニュースサイト「ガリガリ」にて、大ヒット中の劇場アニメ『プロメア』で製作を務められた、XFLAGの鵜飼恵輔さんにお話を聞きました。オリジナル作品をよりマスに広めるための方法とは? 今なお上映が続いている『プロメア』、まだの人はぜひ!



●『NHK大河ドラマ・ガイド いだてん 後編』

いだてん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

出演者インタビュー
緒方竹虎役/リリー・フランキーさん
・酒井菊枝役/麻生久美子さん
・大横田勉役/林遣都さん
・松澤一鶴役/皆川猿時さん
・おりん役/夏帆さん

以上のみなさんの取材執筆を担当しました〜物語はさらにドラマチックに!


吉沢亮『Interview』

吉沢亮 『 Interview 』

吉沢亮さんの「プラスアクト」でのインタビューをまとめた、その名も『Interview』が発売されました。私は2017年『トモダチゲーム』の頃にインタビューした2本分を再掲載していただいてます。写真も当時の掲載カットがちゃんと載ってますよ。私の時は名古屋の街中で撮ったけど、今なら注目されちゃって無理でしょうね。

それら以前のインタビューを受けて、今回新たにお話されてる内容も読み応えがありました。歴代のマネージャーさんたちのコメントも面白い。なによりインタビュー集が出るってすごいことです。私がインタビューを担当させていただいた2nd写真集『One day off』、最新の3rd写真集『Departure』と合わせてぜひ。


●『ボイスニュータイプ』No.072

VOICE Newtype No.72 (カドカワムック)


寺島惇太さん、石川界人さんにインタビューしています。石川さんは初めましてでしたが、友達のように話せて楽しかった。惇太さんはもう何度目かわからないぐらいなので、こちらもリラックスしながらでした。お二人のそんな人柄が伝われば嬉しいです。

●『K-POPぴあ vol.7』

K-POPぴあ vol.7 AB6IX 初登場大特集! ~JBJ95、パク・ジフン、ペ・ジニョンも~ (ぴあ MOOK)

5月に行われた大人気12人グループTHE BOYZのファンコンサート「THE BOYZ FAN CONCERT [THE CASTLE]」レポートを書きました。

ライブステージもバラエティコーナーも、常にわちゃわちゃ楽しくカッコよかったTHE BOYZと、ファンであるTHE Bの皆さんとの空気感も、文章にギュッと詰めました。初の『K-POPぴあ』執筆、楽しかったです〜


入野自由MUSIC CLIP COLLECTION『NOW&FOREVER』Blu-ray

入野自由 Music Clip Collection 「NOW & FOREVER」Blu-ray Disc

Kiramuneデビュー10周年を迎えた、入野自由さん。これまでのMV全10作品をまとめたBlu-rayが発売されました。封入されているライナーノーツの取材執筆を担当しました。入野さんが全12作品を改めて見ながら解説したものをまとめています。

また、現在開催中の全国ツアー「IRINO MIYU LIVE TOUR 2019 "TEN"」でグッズ販売されている、「10th Anniversary パンフレット」のインタビューも担当しています。入野さんが自身のアーティスト活動10年を振り返るロングインタビュー、読み応えあります。
●『TVガイド VOICE STARS』vol.10

TVガイドVOICE STARS VOL.10 特集:UMake Lovers!!伊東健人×中島ヨシキ (TOKYO NEWS MOOK 801号)

AbemaTV『声優と夜あそび』特集にて、火曜日MCの金田朋子さん×木村昴さんにインタビューしました。初めてお会いするカネトモさんはとてもキュートな方で、昴さんも毎週めちゃくちゃ楽しいとのこと。意外にも似たもの同士だという2人のコンビネーション、インタビューにも表れています! そのほか、全曜日全MCのインタビューも面白いですよ~

●Web Newtype『天気の子』製作報告会見レポート

webnewtype.com

当初予定していたライターさんが急用で取材に行けなくなってしまい、当日代打で取材に行って、翌日原稿アップという珍しいパターンのお仕事でしたが、楽しい取材でした。公開後、『天気の子』見に行きました。東京のあちこちが登場することも楽しいですが、オカルト雑誌ライター須賀の描き方が興味深かった…。梅雨が長かった今年にぴったりの作品ですね。

平成→令和

5月になり、元号は令和となりましたね。
昭和生まれの私ですが、一番長く生きているのは平成。
最終的にはそれが令和になるのでしょうか…。令和も健康に生きていきたいです。

平成最後のお仕事、3月と4月のお仕事内容です!


●「別冊プラスアクト Vol.31」

別冊+act. Vol.31 (ワニムックシリーズ241)

“ニュースな男たち”がテーマの別冊号。
瀬戸康史さん
山田裕貴さん
そして、巻末の『PRINCE OF LEGEND』特集でインタビュー・執筆を担当しました。

瀬戸康史さんには、もちろん朝ドラ『まんぷく』のお話を中心に。たちばな栄養食品が東京に進出したときに私が「かんべ〜!」と率直に思ったことをぶつけてみたり。取材が終わってもみんなと雑談する、気さくな瀬戸さんでした。大阪弁が随所に出てて面白かった。

今年初の山田裕貴さんインタビュー。本当になんでもしゃべってくれるのが、嬉しいやら恥ずかしいやら。インタビューが終わった後に私と編集さん(写真集も担当)の顔を見て、「あー落ち着くわ〜このメンツ〜」と言ってくれました。こちらこそいつもありがとうございます!

そして3/21公開『PRINCE OF LEGEND』23P大特集!キャストでは、
佐野玲於さん
関口メンディーさん
さらに制作スタッフにも…
LDH 川田真太郎さん
・日テレ 植野浩之さん
・脚本 松田裕子さん
・ドラマ 河合勇人監督×映画 守屋健太郎監督
にインタビューしました。

たくさん書いたな〜と思えた号です。

 

●「プラスアクト」4月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 4月号

4月5日より全国順次公開の映画『ラ』に主演した、桜田通さんにインタビューしました。いつもは饒舌な桜田さん、この作品に関しては取材中も頭を抱えていて…でもこちらとしてはそんな様子も興味津々でした。その全貌は本誌でぜひ!

 

●『丸のなか』07号

三菱地所の食育丸の内プロジェクト広報誌『丸のなか』07号にて、モデルの大屋夏南さんインタビューページの構成・文を担当しています。

shokumaru.jp

大屋夏南さんといえば個人的には「HiGH&LOW」のセイラさん…! ですが、今回ハイキックはありません。編集はstillwater、撮影はキムアルムちゃん。サンス・エ・サヴールの鴨田シェフと久々にお会いできたのも嬉しかったです。


●「ボイスニュータイプ No.071」

VOICE Newtype No.71 (カドカワムック 778)

下野紘さんインタビュー
白井悠介さん×五十嵐雅さんインタビュー
・「A3! BLOOMING LIVE 2019」幕張・神戸ライブレポート

以上の取材・執筆を担当させていただきました。

初めましての下野さんには、3月20日に発売されたコンセプトシングル『sympathy』のお話を中心に、ライブハウスツアーや、5月に予定されているリーディング&ミニライブについてなどを伺いました。もちろん春アニメについても。どんな質問にもじっくり率直に答えてくださる下野さんでした。そして下野さんも、「終わった後にスタッフとだべる声優」でありました〜

「A3!」神戸ブルライの数日後に行われた白井さんと五十嵐さんのインタビュー。ライブの興奮さめやらぬ五十嵐さんと、神戸では緊張も解けて楽しんでいたという白井さん。白井さんのギャグを五十嵐さんが全部笑ってくれる意外な名コンビ。白井さんってああ見えて意外と物静かなので、テンションの高い五十嵐さんといて「結構落ち着く」と言っていた白井さんが印象的でした。

「A3! BLOOMING LIVE 2019」は、幕張と神戸、どちらも交えたレポートとなっております。今後の展開であるラジオやアニメにも期待! 


アキバ総研

akiba-souken.com

ニューシングルをリリースした加藤和樹さんにインタビューしました。たっぷりしゃべっていただいたそのまんまお届け!


●「TVガイドVOICE STARS vol.9」

【Amazon.co.jp 限定】【Amazon.co.jp 限定特典/生写真付き】TVガイドVOICE STARS vol.9

森久保祥太郎 さんとShinnosukeさん(元SOUL'd OUT)のユニット・buzz★Vibesにインタビューしました。お話もすごく楽しかった〜大人のカッコよさがこれでもかと詰め込まれてます!


livedoorニュース 

news.livedoor.com

 

記事配信日は3月29日。さぁ肉の日⁉︎ ということで、livedoorニュース岡本信彦さん×肉企画第2弾です。今回のテーマはステーキ! 美味しそうな匂いに包まれながらインタビューしました〜🥩


●『bis』5月号

bis(ビス) 2019年5月号
表紙と巻頭グラビアの齋藤飛鳥さん(乃木坂46)インタビューを担当しました。女性誌のお仕事はかなり久々かも? 10~20代女子向けのロマンチックテイストなファッション誌ですが、すごくお洒落な作りで、見てるだけでも楽しい! 
山の上ホテルで撮影した齋藤さんのグラビアもすごく素敵です。テーマはDaydream🌞


●『声優男子。 2019 Spring』

声優男子。2019 Spring (ぴあMOOK)

表紙巻頭の初登場KENNさん、2017Summer号以来二度目の登場となる上村祐翔さんにインタビューしました。
また、1月5日、6日に行われた「鈴村健一 LIVE 2019 “WARAUTA”」のライブレポートも書いています。

KENNさんとは、鳥海浩輔さん書籍「てきとう」&KENNさん写真集「Nu」の収録インタビュー以来の再会!


●KIKI by VOICE Newtype

t.co

羽多野渉さんライブツアー「Futuristic」大宮ソニックシティ公演昼の部のレポート記事を書きました。ファンの方たちの愛でいっぱいでした!

 

●『すかがわ、めぐるめく』第4号

f:id:o-magazine:20190502163926j:plain

福島県須賀川市市民交流センターtetteの、プロポーザルからオープン日までの全てをまとめた冊子『すかがわ、めぐるめく』第4号が完成しました。

橋本克也須賀川市長をはじめ、須賀川市建築アドバイザーの安田幸一東工大教授、tette設計担当の建築家畝森泰行さん、石本建築事務所、ARGの岡本真さんと李明喜さん、市民交流センター長の佐久間貴士さん、日本デザインセンターの色部義昭さん……。tette建設に関わった方々のインタビュー原稿執筆を担当させていただきました。

編集のstillwaterのみなさん、カメラマンの星野さん、デザイナーの畔柳さん(サザランド)らと、チームになって作ってきたこの冊子も、これにて最終号。1月にはtetteのオープンにも出席できて、とてもありがたかったです。

tetteは復興のシンボルであり、プロジェクト、建築物としても長く注目され続けるでしょう。そういう意味でも軌跡をちゃんと記録しておこうという、最終号にしてスペシャルな内容です。こちらは、stillwaterのサイト↓

www.stillwaterworks.jp


最終ページには、『すかがわ、めぐるめく』でインタビューした、原型師の酒井ゆうじさん、脚本家の後藤法子さんをはじめ、須賀川に縁のある著名人からのメッセージもずらり並んでおり、こちらも必見です! 

tetteに置いてあるそうなので、行かれた際はぜひチェックしてみてください。掲載しきれなかったですが、円谷英二ミュージアムも必見!


●KIKI by VOICE Newtype

kiki-voice.jp

kiki-voice.jp


期待のホープにお話を伺う「NEW COLOR VOICE」にて、声優の熊谷健太郎さんにインタビューさせていただきました。前編では、沖縄にいた熊谷さんが声優を目指すまでを伺っています。「A3!」のステージも素晴らしかったし、お話伺ってみたいなぁと思っていたところだったので、嬉しかった。やわらかい表情からにじみ出る、意志の強さに驚かされました。後編では、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』、『アイドルマスターSideM』、『A3!』、主演作『グランクレスト戦記』で学んだことや、声優としての姿勢までしっかり伺いました。またお会いするのが楽しみな方です!


livedoorニュース

news.livedoor.com

ゴールデンボンバー歌広場淳さんに、渾身のインタビューをさせていただきました!
K-POP、ミュージカル、声優などなど(他にも色々ある)ジャンルが結構かぶるので、いつかお話を聞きたいと思っていたら、こんな機会が来るとは。ここぞとばかりに聞いちゃってます。おかげさまでたくさんの人に読んでいただけたようで、編集さんたちと喜んでおります〜。

令和も、推しへの愛をどんどん叫んでいきましょう!

 



三寒四温がすぎる

今日は4月だというのに冬のような寒さです。

寒いので久しぶりに更新します。まずは1、2月分からです。

 

●プラスアクト2月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 2月号

2月1日公開の映画『雪の華』W主演である登坂広臣さんと中条あやみさんのお二人に対談インタビューさせていただきました~。

そして巻頭act.FACEでは毎年恒例のカレンダーを発売する桜田通さんにインタビューしています。どちらも楽しい取材でした!

 

●KIKI by VOICE Newtype

kiki-voice.jp

「COVER VOICE」1月、増田俊樹さんにインタビューさせていただきました。毎週月曜更新、全4回の記事です。

COVER VOICE 30 増田俊樹: 第2回「支えでもあり、対戦者でもある存在」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 30 増田俊樹: 第3回「刺激的な試みから得たもの」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 30 増田俊樹: 第4回「ストレスを抱えずに仕事をするために」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype



●「冨士原良 ART WORKS -BRIGHT-」「冨士原良 ART WORKS -DUSK-」

冨士原良 ART WORKS -BRIGHT-  冨士原良 ART WORKS -DUSK-

ゲーム『A3!』『DYNAMIC CHORD』のキャラクターデザインや、ノベライズ版『薄桜鬼』、『死神姫の再婚』の挿絵などを手がけるイラストレーター冨士原良さんの初の画集が発売されました。2冊同時発行です。

黒い表紙「ART WORKS -DUSK-」の方にて、冨士原先生と『A3!』沖田多久磨プロデューサー(リベル・エンタテインメント)の対談インタビューが収録されております。こちらの取材・構成を担当させていただきました。『A3!』24人+αのイケメン劇団員たちのキャラクターデザインから、ゲーム内カードのイラスト、版権絵、それらの衣装デザインまで手がけている冨士原先生のすごさを、沖田さんがたっぷりと語ってくださっています。

『A3!』ファンということで抜擢してもらったお仕事でしたが、画集である以上、絵を描く方も読まれることを念頭に置き、冨士原先生が日々「どうやって人物を描いているのか」をできる限り盛り込むよう心がけました。なので『A3!』を知らない方でも楽しんでいただけると思います。 

2冊それぞれ、『A3!』の美麗でお洒落なイラストがたくさん収録されています! 大きな絵で見るとなおさらため息が止まらない。ちなみに表紙はどちらも描き下ろし。「-BRIGHT-」は『A3!』秋組の摂津万里くん。「-DUSK-」はオリジナルキャラクターです。両方買いがオススメ! 

 

「声優男子。2019 Winter

声優男子。 2019 Winter (ぴあMOOK)

木村昴さんにインタビューさせていただきました。昴さんとは『ピンポン THE ANIMATION』ブックレット、『映画ドラえもん 南極カチコチ大冒険』に次ぐ取材ですが、とはいえ2年弱ぶりなのに「お会いしたことありますよね!」と嬉しいお言葉。常に気配りと優しさに満ちた方です。写真も超カッコイイ! 撮影中は編集女子たちがモニターを見ながらあまりにキャーキャー言ってて、みんな倒れちゃうんじゃないかと思いました。余談ですがこれをアップした後にK編集長から突然LINEがあって、「木村昴さんの原稿面白かったです!!! それを伝えたかっただけです!」と言ってもらえて、ずっこけつつ嬉しかったです~

 

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』劇場パンフレット

f:id:o-magazine:20190410131523j:plain

10年ぶりの完全新作となる映画『コードギアス 復活のルルーシュ』公開! 劇場パンフレットの取材・執筆を担当しました。パンフレットは通常版と豪華版の2種類があり、それぞれに掲載されているインタビュー部分を担当させていただきました。<通常版>(一部ネタバレ箇所袋とじ)

・監督/谷口悟朗

・脚本/大河内一楼

ルルーシュランペルージ役/福山潤

C.C.役/ゆかな

<豪華版>(全編完全ネタバレ。ビニール封印ハードカバー仕様)

・監督/谷口悟朗

・脚本/大河内一楼

・キャラクターデザイン/木村貴宏

ルルーシュランペルージ役/福山潤

C.C.役/ゆかな

・シャリオ役/村瀬歩

・枢木スザク役/櫻井孝宏

・紅月カレン役/小清水亜美

以上8人の皆さんにインタビューさせていただきました(敬称略)。インタビュー以外のテキスト=イントロダクション、ストーリー、各キャラクター&メカ解説、音楽解説は、ライターの川俣綾加さんが担当されています!取材・執筆も膨大でしたが、それ以上にまず頭に入れるべき情報が多く、これに取り掛かっているときの頭の中は、まさにギアスにかけられたようにこの世界観にどっぷりでした。インタビューしたスタッフ、キャストの皆さん全員が『コードギアス』への愛と理解が深く、むしろ色々と教えてもらうような取材でもありました。それぞれのスタンスから見た『コードギアス』像がインタビューに出ているようにも感じます。

 

TVガイドPERSON vol.78
TVガイドPERSON VOL.78 (TOKYO NEWS MOOK 774号)

TVガイドPERSON」に声優の櫻井孝宏さんが初登場! インタビューを担当させていただきました。映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のお話と、声優業界における自分の立ち位置、これからの生き方などなど深いお話が聞けました。『復活のルルーシュ』パンフレット取材とは別日の取材なので、新規インタビューです~

 

livedoorニュース
news.livedoor.com

29日は“肉の日”! というわけで、お肉大好き声優岡本信彦さんに、お肉についてインタビューしてきました。作品の話とかありません肉の話だけです! 

 

●KIKI by VOICE NewtypeNEW COLOR VOICE
kiki-voice.jp
kiki-voice.jp

期待のホープにこれまでとこれからを聞くインタビュー連載「NEW COLOR VOICE」にて、声優の山谷祥生さんにインタビューしました。前編は、幼少期のお話から、声優を志した大きなきっかけ、そして専門学校に入ってからの努力と強い意志…必読です。

後編では、声優になって初めて経験した挫折、ステージパフォーマンスで心がけていることや、理想のデートも教えてもらいました。山谷さんを知る10問のひとつとして、「僕のアイドル」を教えてもらったところ、EXOの名が! 思わず「私もファンです!」と(気持ちの上で)握手。好きなメンバーは誰か…などいろいろ雑談できました。山谷さんは運動神経がよくてダンスもすごく上手なことは「SideM」ライブなどではおなじみ。先日の「A3!」ライブでのパフォーマンスも素晴らしかったな。これからも応援します!
 

livedoorニュース
news.livedoor.com

222日は猫の日。ということで、猫好き声優で、最近猫を飼い始めた声優の山下大輝さんに猫についてインタビューしました。ペットはかけがえのないパートナー、家族ですよね。山下さんなりの考えを伺いました!



賀正

明けましておめでとうございます!
2018年もたくさんの素敵な出会いがありました。
2019年も新しい出会いがあるといいなと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
新規のお仕事のご相談も大歓迎です。

というわけで、溜まっていた2018年後半のお仕事告知を…

●『ボイスニュータイプ No.069』

VOICE Newtype No.69 (カドカワムック 757)

増田俊樹さん
斉藤壮馬さん
榎木淳弥さん
木島隆一さん×野津山幸宏さん
以上の方のインタビュー・執筆を担当させていただきました。
斉藤さん以外は初めましてだった今号。

増田さんには、ここ数年で変わったというお仕事や人生の見据え方を。
斉藤さんには、10/31発売のエッセイ『健康で文化的な最低限度の生活』制作についての裏話をたっぷりと。
勝手に明るい印象を抱いていたらとても物静かだった榎木さんは、その魅力をそのまま伝える文章に。
取材日は『ヒプノシスマイク』2nd LIVEのわずか数日前。木島さんと野津山さんに、この大人気コンテンツに関わっていることへの率直な感想をあれこれ伺いました。購入すると、岡本信彦さんが隣にいるような感覚を味わえるVRが見られるとか?(VRよくわかってないマン) ゲーム好きの岡本さんらしい企画だなと思いました。


●『KIKI by VOICE Newtype』MONTHLY COVER VOICE 26


kiki-voice.jp
 

月替わりで声優さんが登場するインタビュー連載です。この9月は『アルスラーン戦記アルスラーン役、『Re:ゼロから始める異世界生活ナツキ・スバル役などでおなじみの、小林裕介さんにインタビューさせていただきました。スカイツリーがすぐ近くに見える下町でロケ撮影。みんなで「気持ちいいね〜」と言いながらワイワイ撮影したのも楽しい思い出です。
小林さんはなんだかんだと定期的にインタビューしていますが、お話を聞くたびにぐんぐんと成長されている印象。また次にお話を聞くのがとても楽しみです。

COVER VOICE 26 小林裕介: 第2回「ファンは自分にとってのカンフル剤」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 26 小林裕介: 第3回「お互いに、刺激し合える存在」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 26 小林裕介: 第4回「夢をもち続けること」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

●『NHK大河ドラマ・ガイド 西郷どん 完結編』
 
西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

<出演者インタビュー>
勝海舟遠藤憲一さん
<特集「チェストー!! 薩摩新世代」>
鳥羽伏見の戦いシーン撮影レポ(錦戸亮さん、泉澤祐希さん、大野拓朗さんを中心に)
大野拓朗さん×泉澤祐希さん対談
<特集「柏木由紀の鹿児島案内」>
・西郷園役 柏木由紀さんインタビュー
以上のページを担当させていただきました。完結編。ということは、『西郷どん』はいよいよエンディングへ向かいます。
「戦の鬼」となってしまった西郷の変貌ぶりは、取材に行った戦争シーンの撮影現場でも感じることができました。先週放送された第36回のシーンです。この日、午後に鈴木亮平さんが入ってきたときは場の空気が一瞬で引き締まり、大河の主役ってこういうことなんだと痛感。酷暑だったのですが、亮平さん自らアイスボックスを私たち取材班にも配ってくれて、そこはいつもの優しい亮平さんでホッとしたのでした。『ブラタモリ』スチールの山田大輔さんによる、大野拓朗さんと泉澤祐希さんのツーショット写真は、二人ともやわらかい表情で私のお気に入り。柏木由紀さんの超キュートな和服姿も必見です!それにしてもこの表紙、誰もが二度見したほどの役作り。鈴木亮平さんと瑛太さん…とはとても思えません。
 
 

●『声優男子。 2018 Autumn』

声優男子。2018 Autumn (ぴあMOOK)

・表紙巻頭 島﨑信長さんインタビュー
・「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》」ライブレポート
以上の取材・執筆を担当しました。作品絡みでないインタビューを受けるのは久しぶりという島﨑信長さんでしたが、しっかりと自分の言葉でお話しされる様子に、素敵な生き方をされている方だなと思いました。好きなこと、楽しんでいること、苦手なこととその理由、を正直に伝えてくれる。常に頭の中で考えを巡らせつつも、心の目は未来を見据えている。彼のこれから行く道は、キラキラしているように感じました。人気の理由がすごくわかりました。

プレミアチケットとなった「ヒプマイ」ライブの取材にあたり、これまでリリースされたCDを全部履修し、ハマりまくった状態で臨みました。声と言葉のプロである声優に、キャラクターになってラップバトルをしてもらうという前代未聞のコンテンツ。さぞ声優さんたち緊張されてるんだろうなと思いましたが、そんなことを感じさせないぐらいの超盛り上がりを見せて終わりました。そこはやはり、声優としてのプライドと培った肝っ玉のおかげなのかな。

ヒプマイ、私はまだ推しが決まらないんですよね…(聞いてない)。文学好きとしてはやはり厨二病作家の夢野幻太郎。あとCV野津山幸宏さんの声とラップが良すぎるので、ギャンブラーの有栖川帝統も可愛い(野津山さんはこれがデビュー作という天才若手声優です!)。ディビジョン的にはシンジュク贔屓がちですが、ヨコハマは全員キャラ立ちすぎでしょう。ヤクザvs警察だけでお腹いっぱいなのに、さらに元海軍て。


●映画『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』DVD&Blu-ray
www.aniplex.co.jp

オフィシャルライターとして関わらせていただいた、オール札幌ロケ映画。撮影の合間や、キャストのクランクアップのたびに、現場でキャストや監督にインタビューをしていたのですが、その映像がメイキングとしてたっぷり120分超!収録されております(2枚組豪華版の特典映像ディスク)。

高校の教室で川栄李奈さんへのインタビューを始めた時、ロケ先のリアル高校生たちの部活の声が入ってしまい、実際はもう一回やり直したのですが……素で笑っちゃってる1テイク目の映像が使われていたりして(=川栄さんが可愛い)、編集のあちこちにとても愛を感じました。山のキャンプロケで雨に降られてしまったり、マダニ対策に必死になったりと大変なこともありましたが、スタッフキャストみんなで乗り越えたのもいい思い出です。

本当に全シーン札幌ロケなので(札幌らしいOPも必見)、北海道に行きたくなる映画だなと改めて感じました。個人的には映画製作をすぐそばで見られたことが、とても勉強になりました。またオフィシャルライターのお仕事できたらいいなと思っておりますので、映画宣伝の皆様、ぜひよろしくお願いします〜。

映画「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」(豪華版) [Blu-ray]


●『KIKI by VOICE Newtype』COVER VOICE 27


kiki-voice.jp

木村良平さんの取材・執筆を担当しました。全4回に渡るたっくさんの素敵写真とぎっしりインタビューです。ボイスニュータイプ068号に続いての木村さん取材でした。私は木村さんの「人のオススメを聞くのが大好き」なところが素敵だなと思うので、そのあたりもうかがっております。私は良平さんを役者として天才だと思っているので、今回お仕事へのスタンスをたくさんお話しいただいて嬉しかったですし、ますます尊敬しました。お写真の色っぽさも話題になったインタビューでした〜

COVER VOICE 27 木村良平: 第2回「コミュニケーションから見えてくるもの」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype
 

●『TVガイドPERSON』Vol.74

TVガイドPERSON VOL.74 (TOKYO NEWS MOOK 746号)
宮野真守さんアニバーサリーライブ『RequestⅡ』のレポート記事を書きました。マモさんのライブレポを書くのはこれで3度目ですが、見るたびに違った魅力を見せてくれるので全然飽きません。そんな私なりの感動を共有できれば嬉しいです。

●『プラスアクト』11月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2018年 11月号
11月3日公開『走れ!T校バスケット部』について、主演の志尊淳さんにインタビューしました。キャスト全員バスケ初心者とは思えないほどガチのバスケが見られる映画なのですが、もちろん簡単にできたはずもなく。バスケ習得のことに加え、役の内面を理解するためにどのように取り組んだか、一つ一つの経緯を丁寧に話してもらいました。本当にすごい俳優さんです。


アスミック・エース ホームページ

www.asmik-ace.co.jp

アスミック・エースのホームページにて、プロデューサーインタビューをやらせてもらっています。第1回は三木聡監督5年ぶりの映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(音タコ)』の山野晃プロデューサー。第2回は、大人気の平野紫耀さん(King&Prince)を主演に大抜擢した『ういらぶ。』の田辺圭吾プロデューサー。第3回はそのお二人に対談していただきました。映画プロデューサーといっても十人十色。真逆のタイプのお二人だったので、読み応えのある記事となりました。

↓第1回、第2回はこちら『音タコ』で味わった、発想力豊かなクリエイター三木聡監督との作品づくり | アスミック・エース

旬なキャストで贈る胸キュンこじらせラブストーリー。映画『ういらぶ。』ができるまで | アスミック・エース

●『プラスアクト』12月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2018年 12月号
巻頭act.FACEコーナーにて、志尊淳さんに11月24日発売の2nd写真集『23』について伺っています。志尊さんがどんな思いを込めているかを知ってから写真集を読むと、より楽しめると思います。

●志尊淳2nd写真集『23』

志尊淳 写真集 『 23 』
2018年第ブレイク俳優、志尊淳さんの待望の2nd写真集にて、ロングインタビューを担当しました。ハワイで撮影した各シーンについて丁寧に話してもらったほか、23歳の今の俳優・志尊淳について根掘り葉掘り聞いております。見て、読んで、また見て楽しめる、ニュートラルな写真集です。私にとっては、2018年最も多くインタビューした人!

↓こちらはAmazon限定verの表紙です。迷う!
【Amazon.co.jp 限定】志尊淳 写真集 『 23 』 Amazon限定カバーVer. 

●『食育丸の内』
f:id:o-magazine:20190106143714p:plain三菱地所「食育丸の内」プロジェクトの活動内容を伝えるフリーマガジンです。前号に続き、最新号でも関わらせていただきました。

・インタビュー1 「食育丸の内」の未来
服部幸應(丸の内シェフズクラブ会長)、吉田淳一(三菱地所執行役社長)、井上友美食育丸の内プロデューサーによる座談会
・インタビュー2 これまでの10年、これからの10年
笹島保弘(イルギオットーネ オーナーシェフ)、杉山衛(銀座寿司幸本店代表)、ドミニク・コルビ(メゾン・ド・ミナミ総料理長)、三國清三ミクニマルノウチ オーナー)によるシェフ座談会

以上のテキストの構成を担当させていただきました。
編集はいつもお世話になっているstillwaterのみなさんです。
三菱地所の営業所などに置かれていると思います……あとはネットでも読めます。こちらから↓

view.publitas.com
 
●『プラスアクト』2019年1月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 1月号

2018年を振り返り、2019年を見据える大特集。志尊淳さん、鈴木伸之さん(劇団EXILE)にインタビューさせていただきました。またMONTHLY TOPICSコーナーにて、俳優の渋谷謙人さんにもインタビューしています。2nd写真集『23』収録のインタビューをはじめ、今年はたくさん志尊淳さんにインタビューできました。編集さんが志尊さんの取材のたびに私に託してくれたおかげで、出演作を全部チェックして取材に臨めたなぁと。鈴木伸之さんもまさにそう。でもなあなあの関係ではなく、いつも真剣勝負の取材です。渋谷謙人さんとは初めましてでしたが、インタビューがかなり盛り上がり、なんとかこの面白い人柄を伝えたいと思ったのですが、はたしてうまくいったかどうか。独特のこの言葉をそのまま載せたい!と頑張りました。
プラスアクト、テキストの文字が少し大きくなって読みやすくなりました。


内田雄馬1st写真集 『Uuuuma』

Uuuuma

収録されている2万字インタビューを担当しています。 生い立ちから学生時代の苦悩、声優として抱えている想いなどなど、たっくさん聞きました。ここまでしゃべっちゃっていいの?ってぐらいの内容です。写真はクールで可愛い内田さんがいっぱいでずっと見ちゃう。オシャレな写真集になっています。メイキングDVDもコンテンツとしてしっかり作られているので必見です。ちなみに私も撮影日に一日同行したのですが、内田さんがカメラにしゃべっている後ろに、通りがかった犬を興奮しながら触っている私が映り込んでいた。すみません…恥

↓ご購入はこちらから
内田雄馬 1st写真集 『Uuuuma』(特典DVD付き)│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル
 

●『TVガイド VOICE STARS』vol.08

TVガイドVOICE STARS VOL.08 特集:江口拓也×西山宏太朗 つないだ絆は、離さない。 (TOKYO NEWS MOOK 766号)

写真家レスリー・キーさんが男性声優を激写する連載企画。今回の被写体である岡本信彦さんにインタビューさせていただきました。当日は、岡本さんの姿があらわになっていく様子を、スタジオの隅で見守っておりました。インタビューも(こちらはいつもですが)赤裸々で、楽しかった。結構なロングインタビューです。レスリーさんのお名前の下にクレジット表記していただき光栄です。『VOICE STARS』初参加です。よろしくお願いします~


●『NHK大河ドラマ・ガイド いだてん 前編』

いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
大森安仁子役/シャーロット・ケイト・フォックスさん、野口源三郎役/永山絢斗さん、三島弥彦役/生田斗真さん、シマ役/杉咲花さん、小梅役/橋本愛さん、柳家円喬役/松尾スズキさん
以上のみなさんにインタビューしました!取材の段階で、役者のみなさんからワクワクが伝わってきました。オリンピック、落語、熊本、東京、ストックホルム…などなど、様々な要素が絡み合って盛りだくさんの大河ドラマ。いよいよ明日1月6日、開幕です。観戦のお供にぜひ!


AERA.dot「ドキュメンタル シーズン6」PR記事

dot.asahi.com

AERA.dotにて公開された、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン6』のPR記事取材・構成を担当しました。最多出場のFUJIWARA藤本敏史さんと、今回初出場を果たした友近さんのお二人に、番組について対談していただいています。笑ったら負け!退場!となる『ドキュメンタル』ですが、ここでは笑いながらあれこれお話ししてもらいました。会うなりマシンガントークのお二人にびっくりしたなぁ。芸人さんってすごい。


秋なんです

夏をすっ飛ばして、秋!
あまりの酷暑に気を失いかけていました。
今年の夏は、大好きなSHINeeの日本活動を楽しんだり、シャンシャンを見に行ったり、誕生日を迎えたりしていました。
あまり夏らしいことはしていませんが、それは毎年のことです。

●「ボイスニュータイプ」No.068

VOICE Newtype No.68 (カドカワムック 744)

柿原徹也さん、木村良平さん、浅沼晋太郎さんのインタビュー・執筆を担当させていただきました。

柿原さんにインタビューさせていただくのは2度目。ポジティブな性格で、自分をしっかりと持っている方なので、お話にいちいち納得してしまう私。思わず「柿原メソッドの本を出しましょう!」と説得し始めておりました。あいにくの雨でしたが、雨を吹き飛ばしそうな柿原さんの明るさが印象的!

木村良平さんへの取材も2度目。初めてだった前回は、もっといろいろ聞きたかったなぁ、私のやり方が下手だったなという心残りと反省があったのですが、今回は多岐に渡るお話ができて、大満足でした。写真もどれも素敵!

浅沼晋太郎さんへの取材は初。個人的激推し「A3!」茅ヶ崎至を演じている方なので、とても楽しみにしてました。記事にもありますが実際は驚くほど控えめで、だけど芝居への愛がにじみ出てしまう人。だからこそみんなに愛されるんだろうなと思いました。私の名字を発端に、東北トークで盛り上がりました〜

文字数に限りがあるのでどれも厳選凝縮したテキストとなってますが、みなさんとてもいい雰囲気の中でお話しできてよかったなぁと思っております。編集部はじめ撮影スタッフ、事務所スタッフのサポートがあってこその完成品。どうぞよろしくお願いいたします〜


●「KIKI by VOICE Newtype」MONTHLY COVER VOICE 寺島惇太さん

kiki-voice.jp

毎週月曜更新、全4回の声優さんインタビューシリーズ。6月に登場した寺島惇太さんのインタビュー・執筆を担当させていただきました。それぞれ朝、昼、夕方、夜というテーマで、出演作品の話からプライベートの話まで、たくさんお話しいただいております。
古民家のハウススタジオで撮影・取材したので、寺島さんも取材チームもすごくリラックスした雰囲気でした。寺島さんも「おばあちゃんの家に来たみたい」と顔をほころばせていました。

COVER VOICE 23 寺島惇太: 第2回「作品とキャラクターとの出会いが与えてくれたもの」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 23 寺島惇太: 第3回「『わかるよ』と、寄り添いながら」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype

COVER VOICE 23 寺島惇太: 第4回「どんなことも無駄にならない」 | MONTHLY 今月の"声" | KIKI by VOICE Newtype


●「声優男子。」2018Summer

声優男子。2018 Summer (ぴあMOOK)

岡本信彦さんインタビュー
・「DGS VS MOB LIVE SURVIVE」イベントレポート
うたの☆プリンスさまっ♪ST☆RISHファンミーティング「Welcome to ST☆RISH world!!」イベントレポート

以上の記事執筆を担当させていただきました。

岡本信彦さんへのインタビューはいつも楽しい!
DGSイベント、神谷さんと小野さんのラジオ愛、リスナー愛にはいつも感動させられます。
ST☆RISHのファンミ、熱かったな〜〜〜正直泣きながら取材してました。


●「KIKI」宮野真守さんアリーナツアー「EXCITING!」さいたまスーパーアリーナ公演レポート

kiki-voice.jp

宮野さん初のアリーナツアー、そのなかから宮野さん初の単独さいたまスーパーアリーナ公演を取材させていただきました。

ライブ恒例のVTRには、先日NHK星野源さんとも共演された“永遠の16歳、雅マモルくん”が登場。爆笑の渦が巻き起こりました。この日は宮野さんのお誕生日が近かったこともあって、ハッピーバースデーのサプライズも!



●「プラスアクト 」9月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2018年 9月号

巻頭act.FACEにて、映画『3D彼女 リアルガール』主演の中条あやみさんにインタビュー。そして『銀魂2 掟は破るためにこそある』特集にて、福田雄一監督にインタビューさせていただきました。どちらの映画もとても楽しく、お世辞抜きでオススメしたい映画です!

中条あやみさんは『劇場版 零〜ゼロ〜』以来なので約4年ぶりの取材でしたが、あれからすごく人気女優さんになったというのに全然変わっていなくて、生来の気取らなさと明るさがまだまだあって、すごく嬉しかったな〜。本当に可愛くて可愛くて、取材陣一同癒されました。

福田雄一監督に取材するのは『俺はまだ本気出してないだけ』の時以来なんですが(あちこちで見かけてはいたけど)、その時インタビューが時間内に終わらず、近所の喫茶店に移動してのまさかの延長戦になった経験があり、それぐらい話してくださる方なので、今回も楽しみにしてました。プラスアクトで連載されているのでそちらの原稿との兼ね合いも気にしてもらいつつ、『銀魂』ファンとしてあれこれ聞きました。「正直2の方がすごい面白いんですけど」と言ったら、「言うねぇ!でも俺もそう思うしキャストもみんなそう言ってた」と笑ってました。そのあたりもなるべくテキストに盛り込んでます!


●「AbemaTV BOOK」
AbemaTV BOOK (ワニムックシリーズ239)
AbemaTVの公式ムックです。発売翌日に重版、1週間後にさらに重版!という話題の本です。
・『GENERATIONS高校TV』巻頭30P大特集!
某所での番組ロケにお邪魔しての現場レポと、GENERATIONSのみなさんのわちゃわちゃ座談会
・『声優と夜あそび』から、木曜日担当の浪川大輔さん×谷山紀章さんにインタビュー

大変だったけどやりがいのある取材でした!


●「Men's PREPPY(メンズプレッピー)」10月号

Men's PREPPY (メンズプレッピー)2018年 10月号(表紙&インタビュー:堂本 剛)

COVER&INTERVIEWに堂本剛さんが登場! インタビューと執筆を担当させていただきました。ENDRECHERIの世界観を表したような写真と、ヘアアレンジ2パターンは必見。剛さん自ら手を加える様がとてもカッコよかったです。
インタビューでは、剛さんヘアの代名詞とも言えるアシンメトリーヘアの誕生秘話やファッションへの考えなどを伺ったのですが、すべてにおいて一貫性があり、心の中で何百回「なるほど…」と頷いたことか。インタビューは20分の予定でしたが、次のお仕事へ向かうギリギリの時間までしゃべっていただき、結果45分のみっちりトーク。なるべく剛さんの思いを盛り込んだ原稿にさせてもらいました。
こういった取材は普段あまり受けないそうで、とても光栄でした。理美容の業界の人たちが読む専門誌なので一般の書店にはあまり売られておらず、購入はネット書店または書店お取り寄せの方が確実なようです。


●「月刊ニュータイプ」10月号
ニュータイプ 2018年10月号
読書の秋ということで「ほんのはなし。2018~アニメ×文学の秋~」という特集が組まれています。10月31日に初のエッセイ『健康で文化的な最低限度の生活』を上梓される、声優の斉藤壮馬さんにインタビューしています。
読書家として有名な斉藤さんですが、小説も書かれていたり、自身の音楽活動でも作詞作曲をされていたりと、書くこと全般に貪欲な人。改めて文学について思ういろんなことを聞いてみました。書籍に掲載される写真の初出しカットや、未公開カットも誌面に載っているようです(まだ見本誌見てない)。
私も国文学科卒の端くれなので、久しぶりに文学談義ができて楽しかったです。斉藤さんも私も田村隆一好きなことがわかり、「いいですよねぇ〜」と言い合ったりして。こういうテーマで声優さんを取材することもあまりないので、面白かったな〜


●「プラスアクト」10月号
+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2018年 10月号
山田裕貴さん×齋藤飛鳥さん:『あの頃、君を追いかけた』
佐藤寛太さん:『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』、『探偵が早すぎる』、『走れ!T校バスケット部
佐藤流司さん:『ダブルドライブ〜狼の掟〜』、『ダブルドライブ〜龍の絆〜』
以上3組4名のインタビューを担当させていただきました。全体的にやんちゃな人たちだ! 

写真集『歩』以来ずっと山田裕貴さんを取材している私ですが、『あの頃、君を追いかけた』という映画に彼が注力していることをよく知っていたので、やっと主演の二人にこの映画のお話を聞けて個人的にも嬉しかったです。クールな齋藤飛鳥さんを楽しませようとする山田さんの、兄妹のような関係が写真にも出ているなと思います!

佐藤寛太さんは、とにもかくにも写真をぜひ見てほしい! すごく勘がよくて、全身を使っていろんなポーズを取ってくれたり、あのいいお顔で絶妙な表情をしてくれるので、カメラマンさんもかなりテンション上がってました。インタビューもみっちり45分(!)もしゃべってくれて、楽しい人だった〜

2.5次元俳優さんに疎い私でも「加州清光の人だ!」とわかるぐらいオーラがある佐藤流司さん。イメージと違って声は低くて、クールな雰囲気なんですが、その中に静かに炎が燃えているように思いました。これからは舞台に映像に、幅広く活動してくれそう。注目です!

TUYU

お仕事のお知らせが滞っておりました!
梅雨は毎年気分が滅入りがちなので、明るく生きていきたいと思います!

 

●『別冊プラスアクト Vol.27』

別冊+act. Vol.27 (ワニムックシリーズ)

ロック・ミュージカル「5DAYS 辺境のロミオとジュリエット」で主演を務めた東啓介さんにインタビューさせていただきました。舞台「刀剣乱舞」など2.5次元でも人気の東さん。背が高く端正な顔立ちの東さんの持つ“ギャップ”とは? 芸術家肌なところも注目です!

●『声優男子。2018 Spring』

声優男子。2018 Spring (ぴあMOOK)
・表紙巻頭の梅原裕一郎さんインタビュー
立花慎之介さんインタビュー
・「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR幕張公演」ライブレポート
以上の記事を書かせていただきました。春らしい号です! 


●『アニメビジエンス』Vol.14

アニメビジエンス Vol.14


「アニビズクロスオーバー」にて、東芝レグザの視聴データを収集している東芝映像ソリューションの皆さんにお話を聞き、深夜アニメの視聴ログ分析を通じたアニメビジネスを提示しています。

巻頭特集「アニメーション・ビジネスの産業規模の現在と将来展望」は、映像販売や実写化、声優業界まで、ありとあらゆる角度からアニメーションを捉えた力の入った特集。読み応え十二分です。アニメに興味のある方、ビジネスで関わっている方は、必読の内容です。梅津泰臣さんの描く、色っぽいパトレイバー泉野明が目印!

『アニメビジエンス』はこの号を区切りに定期刊行は休止とのことですが、webなり復活する際にまたご協力できればいいなぁと思います。

 
●『プラスアクト』5月号
+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2018年 5月号
放送中のドラマ『崖っぷちホテル!』主演の、岩田剛典さんにインタビューさせていただきました。連続ドラマ初主演ですが気負わずにやりたいとのことで、インタビューもかなりラフ。岩田さんらしいトーク満載です。


●KIKI by VOICE newtype
kiki-voice.jp
3月11日に行われたKiramune Music Festival 2018のレポート記事を書きました。5時間に及んだあの熱狂の記憶が蘇ります。よろしくお願いします!


●『プラスアクト』6月号

+act. (プラスアクト)―visual interview magazine 2018年 6月号

・特別企画/鈴木伸之さん(劇団EXILE)初の1万字インタビュー
・「兄友」横浜流星さんインタビュー
・「わたしに××しなさい!」金子大地さんインタビュー

以上を取材執筆させていただきました!


●ガイドブック『NHK大河ドラマ・ガイド 西郷どん 後編』
西郷どん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)
大河ドラマ『西郷どん』も中盤に突入!

出演者インタビュー

天璋院篤姫)役 北川景子さん
・龍 佐民役 柄本 明さん
川口雪篷役 石橋蓮司さん
西郷家座談会「WE LOVE 西郷家」
渡部豪太さん(西郷吉二郎役)×桜庭ななみさん(市来琴役)×塚地武雅さん(熊吉役)の3人の座談会取材・構成
舞台地・奄美群島特集
里アンナさん(オープニング島唄歌唱&里千代金役で出演中)による奄美の「文化と風習」ページ取材・執筆

以上を担当させていただきました。西郷隆盛と日本の運命を変えた“島編”は、奄美の知識があるとより楽しめます。一方、薩摩の西郷家が恋しくなった人は、西郷家3人の座談会に思う存分頷いてください!

●『コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道』 劇場パンフレット
f:id:o-magazine:20180617161514j:plain

ルルーシュ役・福山潤さん×枢木スザク役・櫻井孝宏さん対談記事の取材・構成を担当しております。全体の構成・執筆は藤津亮太さん。ギアスファン必携です!

 コードギアス劇場3部作公式サイト


 
●『別冊プラスアクト』 Vol.29
 別冊+act. Vol.29 (ワニムックシリーズ238)
「20代百景。」をテーマに様々なジャンルのクリエイターにお話を伺った特別号です。私は山田裕貴さんにロングインタビューをさせていただきました。ドラマ『特捜9』のお話を中心に、28歳になる今年、一番念頭に置いていることなどなど、20代について彼らしい言葉であれこれ語っていただきました。写真はいつもとちょっと違った大人の雰囲気です!


●「KING OF PRISM Rose Party 2018」イベントパンフレット
f:id:o-magazine:20180617162147j:plain
上田繭子さんと一緒にキャストインタビューを担当させていただきました。
(担当ページ)
寺島惇太さん/一条シン役
斉藤壮馬さん/太刀花ユキノジョウ役
八代拓さん/十王院カケル役
・五十嵐雅さん/鷹梁ミナト役
永塚拓馬さん/西園寺レオ役
内田雄馬さん/涼野ユウ役
武内駿輔さん/大和アレクサンダー役
 
待望の新作決定、しかも劇場公開とTVアニメ放送ということで、嬉しいですね〜
このイベントはBlu-ray&DVDになることが決定しています〜11月23日発売!

NEWS | 「KING OF PRISM by PrettyRhythm」公式サイト


●『プラスアクト 』7月号

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2018年 7月号

・公開中の映画『劇場版ドルメンX』主演の志尊淳さん

・7/6公開『虹色デイズ』主演の中川大志さん×横浜流星さん対談

・『西郷どん』&公開中の映画『OVER DRIVE』出演の町田啓太さん(プラスアクト初登場!)

以上のインタビューを担当させていただきました。

取材のたびに濃密なお話をしてくれる志尊さん。『兄友』でも取材したばかりのキラキラ横浜さん&大人っぽく見えるけど話すとあどけない中川さん。そして念願のお初インタビュー、劇団EXILE町田啓太さん! どの取材も楽しかった~~~。その場の雰囲気そのまんま込めてます!